こんにちは!長野市で解体工事や不用品回収を専門に活動している解体業者、Gサービスです!
内部解体工事は、テナントや賃貸物件において、不要なスペースを取り除く目的で行われます。
また、内部解体工事に分類されるスケルトン工事は、移転や閉店の際のテナント返却時に欠かせない重要な工事です。
そこで今回は、スケルトン工事について詳しくご紹介していきます。

スケルトン工事でできること

店舗向けのテナントや賃貸物件で多いのが、スケルトン物件や居抜き物件と呼ばれる物件です。
両物件とも似たような意味を持ちますが、居抜き物件の場合は内装の設備が残されている状態で、スケルトン物件は骨組み以外「何もない」状態を指します。
スケルトン物件を退去する場合、元のスケルトンの状態に戻すための原状回復工事であるスケルトン工事が行われます。
この工事で入居時と同様の状態を再現することにより、返却時のトラブルを避けたスムーズな退去を実現できるでしょう。
なお、スケルトン工事では建物を骨組みだけの状態に戻す必要があるため、増設された部分が多いほど、工事期間が長くなる可能性があります。
そのため、テナントの返却日が決まっていたり、店舗の閉店や移転の準備に追われたりすることが予想される場合は、早めに解体業者に依頼することをおすすめします。

リフォーム時にもおすすめ

スケルトン工事は、退去や転居の時だけでなく物件のリフォーム時にも役立ちます。
リフォームで間取りを変更したり、内装をガラリと変えたりしたい場合も、事前に建物内の不要部分を取り除いておくことが必要です。
スケルトン工事を施すことで、後のリフォーム工事がよりスムーズに行えるというメリットがあります。
また、壁や天井を取り除くことで奥行きが出て、使用できるスペースが増えるため、リフォームデザインの選択肢が増えます。
リフォームを検討する際は、スケルトン工事を活用することで、部屋の空間を一新させてみましょう!

Gサービスへご相談ください!

弊社は、テナントビルなどの内部解体工事の実績が豊富であり、経験値と技術力の高い技術者も多数在籍しております。
また、常に丁寧で迅速な対応を心掛けていますので、お急ぎでスケルトン工事をご検討されている場合は、ぜひ希望仕上がり日や工事期間などについてご相談ください!
さらに、産業廃棄物回収のプロフェッショナルとして、スケルトン工事の際に出る廃棄物の仕分けもスピーディーに行うことが可能です!
内部解体工事やスケルトン工事をご用命の際は、ぜひGサービスにお問い合わせください!

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


長野市の内装解体など解体工事は株式会社Gサービス

〒381-2204 長野県長野市真島町真島1182-1
電話:026-285-0768 FAX:026-285-0178
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする