こんにちは!長野市を中心に長野県内の解体工事を請け負っている株式会社Gサービスです。
内部解体工事は、賃貸物件退去時の店舗・事務所内の仕切りやスペースを撤去する際に行われることが多い工事です。
この工事により、移転や転居時に賃貸物件やテナント内の見た目をきれいにできます。
今回は内部解体工事の種類や施工内容について、ご紹介いたします。

内部解体の種類

内部解体には原状回復解体、スケルトン解体、リフォーム解体などの種類があります。
原状回復解体は、文字通り元の状態に戻すための工事で、主に増設したスペースや仕切りなどを取り壊し、賃貸契約時の状態に近づけます。
スケルトン解体は、原状回復解体と目的が似ていますが、天井、床、設備などの内装全てを撤去し、内部を空っぽの状態にするのです。
一方、リフォーム解体はリフォーム工事をする前に、不要な設備などを部分的に解体・撤去する解体工事です。
ただし、一部分のみ解体を行うので、解体作業によって生活スペースに傷を付けてしまったり、誤って他の箇所まで解体してしまったりすることがないよう、細心の注意を払う必要があります。
また、廃材や廃棄物が出ることも予想されるので、工事後の廃棄物回収を念頭に入れておく必要があるでしょう。

原状回復には内部解体工事を

テナントや賃貸物件の返却時(解約時)には、入居時後に家主によって増設されたスペースや設備などを、全て取り払う必要があります。
このことを原状回復と呼びますが、原状回復をより丁寧に行うには、解体業者に内部解体工事を依頼することがポイントです。
特に、店舗や事務所に使われていたテナントでは、契約時に天井などの設備がない状態であることも多いため、増設やリフォームを行うお客様も多いです。
逆に、以前の入居者が使用していた設備が残った状態で、入居するというケースもあります。
いずれにしても、契約時の状態に戻して返却する必要があるため、内部解体工事できれいに原状回復させることが望ましいといえるでしょう。

Gサービスへご相談ください!

弊社では、これまで数多くの内部解体工事を承って参りました。
迅速で丁寧な作業と、仕上がりの美しさに定評がございます。
移転や転居、退去時の賃貸物件をきれいに原状回復し、不要な設備を撤去する内部解体工事では、より美しい仕上がりを追求し、日々精進しております。
また、弊社は一般廃棄物回収の資格を取得しており、解体工事から回収までを一貫して対応いたしますので、ご安心ください!
内部解体工事の専門業者をお探しの際は、ぜひGサービスにお問い合わせください!

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


長野市の内装解体など解体工事は株式会社Gサービス

〒381-2204 長野県長野市真島町真島1182-1
電話:026-285-0768 FAX:026-285-0178
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする