こんにちは!解体工事や不用品、廃棄物の回収を行っている株式会社Gサービスです。
弊社は、長野市に本社を構え、長野県全域で活動しております。
不要な空き家を所有されていてお困りの方や、ご近所で古い空き家を見かけるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
放置された空き家は、経年劣化により脆くなり、火災や倒壊などのリスクがあるとして、近年社会問題となりました。
このような空き家を長年放置してしまったことで、事故だけではなく「空き家対策特別措置法」に則り行政から指導を受けたという事例もあります。
そのような空き家問題を解決するにはどうしたら良いのでしょうか。
今回は、空き家問題に関連する解体工事のメリットをお伝えしていきます。

木造解体工事ってどんな工事?

従来の日本家屋は木造のものが多数で、長年放置されてしまう空き家の多くは木造建築物です。
木造建築物の解体工事では、手壊し工法といった手作業による工法が用いられることが多く、コンクリート造の箇所がある場合はショベルカーといった重機を併用して行われることもあります。
その他にも、屋根の瓦や畳を外す作業や、養生(対象箇所の保護)を行うなど丁寧な手作業が求められるのです。
また、木造建築物は工事をしている途中で地中から障害物や廃棄物が発見されることもあります。
解体業者はこのようなことも想定したうえで、最後まで安全に工事を行わなくてはなりません。

土地の売却にも欠かせない木造解体工事

古い空き家の撤去に有効な木造建築解体工事ですが、工事後には土地を有効活用し、売却したり新たに建物を建築したりすることも可能です。
各自治体では、空き家の解体工事を支援する目的として、解体助成金の申請ができる制度もあります。
条件など詳細は自治体によって異なりますので、詳しくは各自治体に確認してみましょう。
人が住んでいない古い家屋や、長年使用されていない木造建築物についてお困りの場合は、一度、解体工事をご検討されてみてはいかがでしょうか。

Gサービスへご相談ください!

弊社では、鉄筋コンクリート造の解体や、ショベルカーなどを使用する機械解体だけでなく、手壊し工法など木造建築物を対象とした解体技術も心得ております。
高い技術力と知識を持ったスタッフが施工しますので、どんな建物にもさまざまな工法で柔軟に対応いたします。
また、工事による粉塵や近隣住宅への防音、安全性への配慮も怠りませんので、安心して解体工事をお任せください。
空き家や古い木造建築物のことなら、Gサービスへご相談ください!

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


長野市の内装解体など解体工事は株式会社Gサービス

〒381-2204 長野県長野市真島町真島1182-1
電話:026-285-0768 FAX:026-285-0178
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする