こんにちは!長野県長野市で解体工事を行っている株式会社Gサービスです。
皆様は解体工事というと、どのような工事を想像されますか?
「建物を取り壊す工事」といえばその通りですが、簡単に建物を破壊することはできないのが実情です。
工事に携わる解体業者は、取り壊しに至るまでさまざまな準備や工程を踏んで作業を進めていかなければなりません。
今回は、そのような知られざる解体工事の裏側について、詳しくご紹介していきます。

解体工事ってどんなことをするの?

解体工事では、建物を解体し取り壊すために色々な工法が用いられます。
例えば、重機などを使わず人力(手作業)で分解しながら壊していく手壊し工法や、重機を用いる重機併用工法、更にショベルを併用する圧砕機工法があります。
木造建築物では手壊し工法や重機併用工法で対応することが可能ですが、固い鉄筋コンクリート造の建物には圧砕機工法が用いられることがほとんどです。
手壊し工法はハイコストであるともいわれますが、騒音と振動が抑えられるというメリットもあります。
建物がある場所によっては大型建設機械を入れるのが困難な場合もあり、立地や建物の状況によって解体業者による適切な判断が求められるでしょう。

解体工事には技術力が重要?

解体工事では通常、工事の前に現地調査をきちんと行い、建物の構造や周辺環境を把握する必要があります。
敷地内に導入できる機械の規模や工事日数の予測だけでなく、工事によって起こりうる危険の予知など、さまざまなことを考慮したうえで工事計画を作成していく必要があります。
解体業者には、安全面への配慮と、解体工法の工程を熟知した高い技術力が求められるのです。
また、ほとんどの解体工事では、高所での作業のために足場を組んだり、防音、防振、防塵対策としてシートを被せたりするなどの処置がとられます。
このように、解体工事の際には周辺への配慮を大切にしております。

Gサービスへご相談ください!

弊社はこれまでに、幅広い分野での解体工事に携わってまいりました。
豊富な工事経験により高い技術力を培い、より一層お客様にご満足いただけるサービスをご提供できるよう努めております。
また、工事の際には近隣の建物や住民への安全面の配慮、防音や防振に注意を払いながら、慎重かつ迅速な対応を心掛けています。
長野県内での解体工事をお考えの方は、ぜひGサービスへお任せください!
事前相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


長野市の内装解体など解体工事は株式会社Gサービス

〒381-2204 長野県長野市真島町真島1182-1
電話:026-285-0768 FAX:026-285-0178
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする